フラワーラッピングとは

こちらではフラワーラッピングについて書かせていただきます。どうぞご参考になさってください

ラッピングするときに特に重要なポイントはリボンや包装紙が緩まないことです。

フラワーラッピングも同様ですね、花束をラッピングするときは一度、輪ゴムやラフィヤで締めますのでラッピングするのにはやや楽かもしれません。

アーティフィッシャルフラワーを使用する当教室ではそのまま花器や壁などに飾れインテリアとして永く飾って頂けます。

ギフトとしてビジネスにも活用できます。

さらにアーティフィッシャルフラワーならではの多様なテクニックが学べます。

 

花材選びにはカラーの知識が重要です。100均のフラワーでもとても素敵な花束になります。色彩の知識で磨きをかけましょう!

 

ボックスアレンジにはアレンジフォームは使用しておりません。100均の材料でオリジナルのフォームを入れて有ります。

 

100均の材料でもお洒落になります。

 

100均の材料でも配色と花材選びで素敵な花束になります。

 

100均の材料でも配色と花材選びで可愛いアレンジになります。顔の見えるラッピングです。

 

基本の包み方で

フラワーラッピングも基本の包み方からなりたちます。

鉢植えなどはスクエア包み、花束などは合わせ包みやスクエア包みなどそれぞれのアレンジで華やかさを演出します。

アーティフィッシャルフラワーを使って

花束はスパイラルに組む練習をしっかりしましょう。

掌に花をのせ親指と人差し指の付け根でしっかり挟み込んで(ステムの長い贈呈用は違う場合が有ります)同じ方向に回しながら組んでいきます。

クラッチブーケやラウンドブーケを作るところから始めます。

アーティフィッシャルフラワーを使用しますので何回でも練習できます。

不織布で作成

 

右の作品はフエルトのような不織布で花びらのように巻き付けているものと巻きバラと不織布でピンポンマムをつくったものです。

不織布は特殊紙の分類に入り紙ではありません。薄い物から厚い物と種類は多く不定形のフラワーラッピングにはもってこいの包材になります。

 

アーティフィッシャルフラワーならではのテクニックでのアレンジでお洒落なラッピングはそのまま飾れます。100円均一の花材でも色選びペーパー選びで変身します。

その他のメニュー

当校のラッピングコーディネーターについて説明しております。

当校のパーソナルカラリスト教室について説明しております。

当校のラッピング教室について説明しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

047-389-4323

受付時間:09:00~20:00(不定休)

完全予約制

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

047-389-4323

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

登坂恵子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ